KeAPI 3.0
Kontron API

KeAPIは、ユーザーがコントロンのハードウェアの様々なコンポーネントにアクセスできる統合デバイスインターフェースです。これにより、電源ユニット、ディスプレイパネル、ボード情報、BIOSバージョンにアクセスできます。また、I²C、SMBus、GPIOなどのバスの操作や、そこに接続されているEEPROMにもアクセスが可能です。KeAPIは、PICMIG規格をサポートしており、EAPI(Embedded Application Programming Interface)に準拠しています。

DMCM
デバイスモニタリング、制御および管理ツール

コントロンのデバイスモニタリング、制御および管理ツール(DMCM)は、すべてのコントロンハードウェアへの健全性管理情報から、複数のデバイスに簡単にアクセスが可能です。こちらのデバイスへは、いつでも、どこからでも同時にアクセスすることができます。ハイライト(主要部)は、安全な輸送レイヤーからリモートでアクセス可能なカスタムセンサー、センサー情報、リモートデバイスフリート管理と認証機器が含まれています。機能性もまた、顧客の既存ソフトウェアの完全統合だけでなく異なる場所にあるネットワークをサポートすることも含まれています。

KeAPIもしくは、DMCMをダウンロードするには、コントロンEMDカスタマーセクションにログインしてください。


このセクションは、組込みモジュールカスタマー専用です。登録後に、BIOSイメージ、製品変更通知(PCNs)、CADのための3Dモジュールや、ソフトウェア開発ツールへアクセスすることが出来ます。

*承認までに24時間かかります。モジュールカスタマーセクションへのアクセスが完了したらメールにてお知らせされます。

Stay connected