IOT
Ethernet
TSN Switching

イーサネットとTSNスイッチング

See all products

現在、センサーデバイスから組み込みクラウドへの接続は、リアルタイムデータ通信、センサーおよびエッジレベル(産業用イーサネットやフィールドバスなど)、およびリアルタイムデータの情報エリアへの変換を提供するゲートウェイを介して行われます。

将来、イーサネットベースのリアルタイムトラフィックは、イーサネットベースのTSN(Time Sensitive Network、IEEE 802.1)およびOPC UAまたは同様の標準に移行し、ITとOT間のインターフェースが統合され始め、シームレスな接続と通信が可能になります。

TSNは、イーサネットに欠落しているリアルタイム機能のギャップを埋めます。これは、イーサネットに対する公式のIEEE拡張であり、ITトラフィックと並行して時間同期された確定的な通信が可能で、統合されたイーサネットベースのネットワークを可能にします。

これは、タイムクリティカルな機械制御とプロセスに不可欠です。

TSN仕様(IEEE 802.1)は、センサーからクラウドまでの生産プロセスのマシン制御アプリケーションなど、産業環境でのリアルタイムのデータ配信を保証します。 TSNは、時間同期を備えた保証された遅延とサービス品質(QoS)を提供します。

ベンダーに依存せず、広く受け入れられ標準化されたMachine-to-Machine(M2M)ソフトウェアプロトコルであるOPC-UAは、さまざまな産業用コンポーネントおよびマシンを、統一された方法でシームレスに接続し、セキュリティおよび高性能リアルタイム機能を含む共通トランスポート層として、標準化されたTSNイーサネット上で実行されます。

共通言語であるOPC UAと、標準化されたリアルタイム転送メカニズムであるTSNにより、OT(運用技術)とIT(情報技術)間のゲートウェイを必要とせずに、産業用アプリケーションをシームレスに統合できます。 さらに、コンピューターの仮想化により、タイムクリティカルなアプリケーションのプロセス制御に使用できます。

これにより、コストが削減されるだけでなく、将来の既存のすべてのテクノロジーを理解する必要性も無くなります。

コントロンは、産業用TSNネットワークインターフェイスカード、イーサネットスイッチングデバイス、および完全に統合されたTSNソリューションを提供しています。テレコムおよび産業用イーサネット技術の長年の経験を持つコントロンは、複雑で重要な環境やカスタム製品の提供に対してもコンサルティングを提供しています。

See all products

 

back to overview

Stay connected