IOT
Software and Products
Standard Software & Susietec

IOTソフトウェアとサービス

エッジ、フォグ、およびクラウドアーキテクチャの使用で発生する新しい課題の1つは、コンポーネントを相互に接続し、パブリッククラウドに接続することです。すべての部分を取り込むソリューションを開発する上で重要な要素がIoTフレームワークSUSietecです。Industry 4.0アプリケーションでは、SUSiEtecはすべてのコンポーネントを接続し、生成されたデータの分析と処理を提供します。SUSiEtecは、ITとOTの融合を可能にするデータの生成、処理、提供の間の従来の境界を解消します。

さらに、コントロンはIoTアプリケーション向けの標準ソフトウェアも提供します。

 

SUSiEtec(スージーテック)

あらゆる種類のクラウドおよびクラウド指向アプリケーションの利点は、コントロンの組み込みサーバーと、その親会社S&Tの長年のクラウドおよびITの経験によるスケーラビリティです。このように、コントロンと新しい産業用IoTフレームワークであるSUSIEtecを持つS&Tの協業により、広範囲に拡張可能で包括的なプラットフォームおよびソリューションを開発でき、独自の価値提案を提供します。

Industry 4.0ソリューション環境内で、SUSiEtecは発生したデータの分析と処理を行います。 データ取得、データ処理、データプロビジョニングの間の従来の境界を取り除き、ITとOTの統合を可能にします。

プラットフォームは、さまざまなアプリケーションの要件に合わせてカスタマイズされ、センサーとクラウドの境界に展開されます。 デバイス間の必要なリンクを提供し、プロトコルを変換し、必要に応じてデータをフィルタリングし、サイトで処理します。

SUSiEtecは柔軟に構成でき、既存の自動化ソリューションに適応して、現場でテレメトリおよびセンサーデータを収集および分析し、クラウド帯域幅とストレージに対する高まる需要に対処します。

Microsoftが最近発表したMicrosoft Azure IoT Edgeのリリースにより、コントロンとS&Tは、スケーラブルで強力なエッジコンピューティングを構築できるエンドツーエンドIoTソリューションであるSUSiEtecを使用したMicrosoft Azure IoT Edgeインテグレーションおよびカスタマイズサービスを提供します。

 

標準ソフトウェア

IoT対応デバイスへの需要の高まりを受けて、コントロンはボードサポートパッケージ、システムの健全性とデバイス管理のための完全なセキュリティを提供する接続ソフトウェアを提供し、信頼できるクラウド環境を維持します。これは、すべてのデータドリブンのソリューションとサービスモデルの基盤を提供します。

セキュリティはハードウェアから始まり、関連する製品にTPMなどのセキュリティ要素を搭載しています。

オプションで製品に搭載されたAPPROTECTは、WIBU-SYSTEMSのテクノロジーに基づいており、お客様が独自の知的財産を保護したり、新しいビジネスモデルを開発したりすることができます。

データ保護は、信頼できるデバイスの安全な通信だけでなく、暗号化されたストレージデバイスによっても実現できます。

コントロンは、これらのセキュリティ要素とソフトウェアおよびファームウェアを組み合わせて、BIOSセキュアブートからアプリケーションレベルまでの完全なポートフォリオを提供します。

コントロンのボードサポートパッケージKeAPIは、PICMG標準EAPIの拡張であり、ボード固有のすべての情報をユーザーに提供します。 これはすべてのデバイスに共通のコントロン標準であり、ユーザーが電源ユニット、ディスプレイパネル、ボード情報、BIOSバージョンなどのハードウェアのさまざまなコンポーネントの情報にアクセスできるようにする単一のデバイスインターフェースを提供します。 I²C、SMBus、GPIO、およびEEPROMへのアクセスも含まれています。 KeAPIはPICMG標準をサポートし、EAPIに準拠しています。

 

確立された標準に基づいて、コントロンとS&Tは、ゲートウェイなどのシームレスに統合されたオープンプラットフォームを提供し、顧客が製品のライフサイクル全体を通じてメンテナンスと更新を簡単に展開および制御できるようにします。

Stay connected