SUSiEtec IoTフレームワーク

エッジ、フォグ、クラウドのアーキテクチャを使用して発生する新たな課題の1つは、コンポーネント同士の相互接続やパブリッククラウドへの接続です。 すべての部分をキャプチャするソリューションを開発する上で重要な要素は、IoTフレームワークSUSiEtecです。 Industry 4.0アプリケーション内では、すべてのコンポーネントを接続し、生成されたデータの分析と処理を行います。 SUSiEtecは、データの生成、処理、提供の間の従来の境界を解消し、ITとOTの融合を可能にします。

SUSiEtecエッジコンピューティングは、ローカルネットワークの処理能力を使用して、現場でタイムクリティカルなプロセスを制御します。 データは、ローカルにバッファリングされ、圧縮され、あらかじめ定義されたルールに従ってクラウドに渡されます。 これにより、プロセスのセキュリティが強化され、帯域幅の要求が軽減され、運用コストが削減されるため、産業用IoTのリアルタイム要求を満たすことができます。

SUSiEtecを使用すると、社内のソリューションとプロフェッショナルなクラウドインフラストラクチャの利点を組み合わせて、IoTシナリオに対するハイブリッドでスケーラブルなアプローチを採用することができます。 
この目的を達成するため、SUSiEtecはエッジデバイス(Microsoft Azure認定)、ゲートウェイ、フォグコンピューティング、およびサーバー製品をクラウドインフラストラクチャと完全に統合しています。

このフレームワークは、さまざまなアプリケーションの要件に合わせてカスタマイズされ、センサーとクラウドの境界に配置されています。 デバイス間で必要なリンクを提供し、プロトコルを変換し、データをフィルタリングし、必要に応じてサイトで処理します。 SUSiEtecは、柔軟な設定が可能で、既存のオートメーションソリューションに適応し、クラウドの帯域幅とストレージに対する需要の高まりに対応するため、現場のテレメトリやセンサーのデータを収集して分析することができます。

マイクロソフトによりMicrosoft Azure IoT Edgeの製品発表が行われたことにより、コントロンとS&T Technologiesは、顧客がスケーラブルで強力なエッジコンピューティングを構築できるエンドツーエンドのIoTソリューションであるSUSiEtecをベースとした、包括的なMicrosoft Azure IoT Edgeの統合とカスタマイズサービスを提供します。

エッジとクラウドの融合 

機械および製造の要件に合わせたIT標準の更新は、大きな労力が必要です。究極の目標は、工場のフロアからオフィスドアにいたるまで、また作業オペレータから最高経営責任者まで、シームレスに接続されているというビジョンを実現することです。

SUSiEtecで”あなたの物のインターネット”をデジタル化 

主な機能

効率の良い接続とスケーリング 

すばやく開始し、IoTプロジェクトをビジネスニーズに合わせて拡張します。 デバイスを接続し、未使用のデータを分析し、ビジネスシステムを統合します。 何よりも新しいビジネスモデルと収益源を明らかにすることで組織を変革してください。 
世界的のさまざまなクラウドプロバイダーが使用可能で、SUSIEtecはIoTプロジェクトの規模や場所に関係なくお客様のニーズを満たすことができます。

新しいデータの分析と成果

異種データを分析して掘り下げ、新しい洞察を作成し、将来の成果を予測します。 長期間に渡って取得されたデータを分析してパターンや相関関係を見つけ出し、製品の使用方法や特定の条件下での動作について新しい洞察を提供する傾向を明らかにします。

ビジネスプロセスの統合と変換

SUSIEtecは、既存のプロセス、デバイス、システムと統合して、既存のデータソースと新しいデータソースを最大限に活用して共通のワークフローを自動化し、新しい価値を生み出すことを可能にします。 人、プロセス、資産、システムを接続して、ビジネスの革新と変革の機会を創造することができます。

SUSiEtec IoTフレームワーク

Stay connected